頼もしい翻訳会社|英語意外でもきっちり対応

ウーマン

多様な言語と専門性に対応

翻訳会社にビジネス文書やマニュアルなどの翻訳を依頼することで、スピーディーで正確性の担保された翻訳文書に仕上げてもらえます。海外とのビジネスや海外製品の輸入が増える中で、効率よく正確な取引や製品利用ができるようになります。

男女

翻訳を依頼する時の準備

企業が翻訳会社に翻訳を申し込む時、事前にやるべきことがあります。どのようなジャンルの翻訳に強いかをチェックし、契約する前にお試し翻訳をしてもらうことです。それによって実力がわかります。企業秘密に類する翻訳の場合はセキュリティ面でもチェックする必要があります。これらを事前に確認して翻訳を依頼します。

メンズ

専門会社で翻訳するには

翻訳会社を利用すれば多言語化へ対応することが出来ます。翻訳会社選びでは翻訳内容にあった会社を選ぶことが大切で、実績や料金なども考慮しましょう。料金の相場は英訳が1文字10から20円、和訳が1語10から30円となっています。品質はビジネスや研究に影響があるので、信頼性の高い会社を選びましょう。

パソコン

高度な専門性があります

翻訳すべき文章がビジネス上大事であればあるほど、誤訳や表現のおかしな文章にしないことは非常に重視されます。ですから多少のコストを掛けても高い専門性を持っている翻訳会社に依頼したほうが、確実な成果を出せます。

パソコンを操作する人

海外と仕事ができる

出版社や新聞社以外の会社でも、翻訳会社に仕事を依頼することはあります。海外の会社から送られてくる書類を訳してもらうといったことで利用する会社もあることでしょう。それに、海外とのやりとりによって仕事の幅も広がることがあります。

外部委託しよう

PC

事前に検討する

社外向けの公式な資料を作成する場合や、製品マニュアルを作成する場合、英語やその他の外国語を用いて正しく記述する必要性が出る。これらの外国語向けの文章を作成する場合、社内に適切な人材を確保できている会社であれば良いが、そうでない会社も多い。社内に外国語に精通した従業員がいない場合には、翻訳会社に外部委託し作成することが効果的である。翻訳会社を活用する場合、一般的にその費用は基本料金と文字数による料金設定が多くなっている。文字数では、1文字当たり数円などの料金設定が多く、文字数の多い文章ほど料金がかかることがある。但し、サービスによっては担当者を派遣してもらうなどにより文章作成してもらえる翻訳会社もあり、この場合には担当者1人当たり、1ヶ月の料金が設定されていることがある。集中して担当者に外国語の文章を作成してもらいたい場合や、どの程度の文章作成が必要か見積ることが難しい場合には、固定で利用できる翻訳会社を選ぶと良い。また、翻訳会社では対応している言語や得意分野の違いなどがある。特に、得意分野については重要なことがある。翻訳してもらう場合、その業界を熟知した担当者でないと翻訳できないものもある。その為、翻訳会社の得意分野を把握し、専門性の高い業者に翻訳してもらうことがポイントになる。これらの翻訳会社による違いなどを把握した上で、業者探しを行うと業者を選びやすくなり適切な業者を活用できる。

Copyright© 2018 頼もしい翻訳会社|英語意外でもきっちり対応 All Rights Reserved.